IT知識

VSCodeでWordPressのコードがエラーとして表示される場合の対処法

この記事では、VSCodeでwordpressのコードを記入した際に、正しいコードなのにエラーとなってしまう場合の解消法について解説します。

VSCodeでWordPressのコードがエラーとして表示される場合の対処手順

それでは、順番に解説していきます。

現状として、下の画像のようにエラーが表示されているものとします。
なお、前提としてコードは正しい場合となります。

VSCodeでWordPressのコードがエラーとして表示される場合の対処手順

それでは、ここから具体的な方法の手順です。

まず、VSCodeの左側のメニューの一番下にある拡張機能を開いて、「PHP Intelephense」の右下にある歯車をクリックしてください。

なお、「PHP Intelephense」をインストールしていない場合は、インストールしてからこの操作を行ってください。

VSCodeでWordPressのコードがエラーとして表示される場合の対処手順

歯車をクリックしたら「拡張機能の設定」を選択してください

VSCodeでWordPressのコードがエラーとして表示される場合の対処手順

「拡張機能の設定」に移動したら、少ししたにスクロールして、「Intelephense:Stubs」を探してください。

VSCodeでWordPressのコードがエラーとして表示される場合の対処手順

「Intelephense:Stubs」を発見したら、その部分の一番下に、「項目の追加」というボタンがあるのでクリックしてください。

VSCodeでWordPressのコードがエラーとして表示される場合の対処手順

選択肢の中から「wordpress」を選択して「OK」をクリックしてください。

これで、完了です!

VSCodeでWordPressのコードがエラーとして表示される場合の対処手順

さきほどの画面に戻るとエラーが解消しています。

VSCodeでWordPressのコードがエラーとして表示される場合の対処手順