IT知識

ITパスポートでエンジニア転職が有利に?エンジニア未経験ならITパスポートを勉強するべきか!

ITパスポートって何?

ITパスポートは、ITを利活用するすべての社会人やこれから社会人となる学生が備えておくべき、ITに関する基礎的な知識が証明できる国家資格です。

現在では、どの分野の業種でも、ITに関する知識が必要不可欠となっており、ITパスポートを勉強することで、仕事をするために最低限必要なIT知識を身に着けることができる人気の資格です。

ITパスポートは、IT関係の国家資格としては一番基礎的な資格で、難易度が低く、合格率が50%前後と比較的高い資格となっています。

 

ITパスポートはエンジニアの転職に有利にならない

前述したとおり、ITパスポートは、ITに関する基本的な知識があることを証明するための資格です。

したがって、ITに関する高度な知識が必要なエンジニアやプログラマーなど、IT関連の企業への転職を目指している社会人が、ITパスポートの資格を取得してもほとんど有利にはなりません。

実際、ITパスポートを取得していても、転職の際、履歴書に記載されない方も多くいます。

IT業界での位置づけとしては、英検3級とか漢検3級、簿記3級みたいなもんだとイメージしてもらえばわかりやすいかもしれません。

もし、エンジニアなどを目指して資格試験を勉強するのであれば、情報処理技術者試験の取得を目指しましょう。

とはいえ、ないよりは資格があった方がよい

ITパスポートに少し興味をもったり、既にITパスポートの勉強を開始してしまった人には、残念な話をしてしまいしたが、

とはいえ、全く転職で使えないかといえばそんなことはありません。

もし、IT分野以外でIT化が進んでいないような企業に転職するのであれば、ITに関する知識が少しでもある方が評価が高いでしょうし、

IT業界に転職を考えているにしても、ITパスポートの資格があってマイナスの評価をされることはないのでないよりはあった方が良いと思います。

新卒ならアピールポイントに

前述のとおり、即戦力を求めるエンジニアへの転職ではアピールポイントにはなりませんが、これから就職活動を行う学生にとってはアピールポイントとなり得ます。

新卒による採用は、やる気や本気度が重要です。
また、資格試験に打ち込むことができることも高評価につながります。

実際問題でいれば、ITパスポートを持っているからといって業務に直結はしませんが、ITに関する知識を身に着けていることは、IT業界以外でも高評価につながりますので、学生であればITパスポートを勉強しても損はないと思います。

全くの未経験なら勉強してみてもいいかも

私自身、もともとIT業界と関係ない分野で働いて、正直、IT関係についてほとんど知識がない人間です。

そんな人間がプログラミングに興味を持ってしまったのですが、私のようにIT関係のほとんど知識がないけど、今後エンジニアやプログラマーを目指したいと考えているのであれば、

まずは、ITに関する最低限の知識を学習してみるという意味でITパスポートを勉強してみるのはありだと思います。

 

実際、基本的なIT知識すらないのにプログラミングを学ぼうとすると、ネットで調べものを検索しても、ITに関する最低限の知識があることを前提に書かれているので、本当苦労します。

 

まとめ

ITパスポートでエンジニア転職が有利になるかのまとめ
  1. ITパスポートは、IT関連の一番基礎的な国家資格
  2. ITパスポートを取得してもエンジニア転職で有利にならない
  3. 新卒採用であればアピールポイントになるので学生は勉強して損はない
  4. IT関連の基礎知識を勉強したいなら学習するのはあり

いかがでしたか?

ITパスポートは、転職ではあまり使えませんが、とはいえ私のようにIT関連の知識が全くない人が、基礎的な知識を身に着けるには良い資格だと思います。

また、比較的合格率も高く真面目に数カ月勉強すれば取得できてしまうのも魅力だと思います。