Node.js

Node.jsのフレームワークExpressのインストール方法と使用方法を解説

Expressは、Node.jsの最も有名なフレームワークで、Node.jsを使う際にほぼほぼ必須で使うフレームワークです。

この記事では、そんなExpressのインストール方法と使用するためのコードを紹介します。

Node.jsのExpressをnpmでインストール

Node.jsのプロジェクトでExpressを利用するには、まずそのプロジェクトにExpressをインストールする必要があります。

インストールは、プロジェクトの「package.json」のあるディレクトリで下記コマンドをコマンドプロンプトで実行します。

npm install express

下記の様になればインストール成功です。

Node.jsのExpressをnpmでインストール

「package.json」には、下記のように表示されます。

Node.jsのExpressをnpmでインストール

インストールしたExpressを利用するには

インストールしたExpressを利用するには下記の2ステップです。

  1. Expressを読み込む
  2. 実施に使用する準備

app.jsファイルの上部の方に下記のコードを記載することで、Expressを利用することができるようになります。

【app.js】

//expressを読み込み
const express = require('express');
//expresssを使用するための準備
const app = express();

 

Expressを実際に使ってルーティング

ここまで出来ればExpressを利用する準備はできました。

Expressの大きな役割としては、ルーティングです。
ルーティングは、画面遷移などをする時に、画面の切り替えなどを管理するものです。

ルーティングについては、こちらの記事をご確認ください。

【画像で解説】Node.jsのルーティングと基本的なファルダ構成について解説この記事では、Node.jsの基本となるルーティングとファルダ構成について初心者向けにわかりやすく解説します。 なお、ルーティング...