Node.js

【初心者向け】Node.jsでデータベース(MySQL)に接続する方法

この記事では、Node.jsでデータベース(MySQL)に接続する方法を初心者向けにわかりやすく解説します。

JavaScriptはフロントサイドの言語のため、基本的には、データベースとやりとりが出来ませんが、Node.jsは、JavaScriptの言語を使いながらサーバーサイドを扱えるもののため、Node.jsはデータベースとのやりとりが可能です。

ここでは、有名なデータベースであるMySQLへの接続方法について解説をします。

Node.jsのプロジェクトにmysqlをインストール

まず、Node.jsでMySQLと接続するためには、mysqlのパッケージを利用する必要があります。

インストールは、プロジェクトの「package.json」のあるディレクトリで下記コマンドをコマンドプロンプトで実行します。

npm install mysql

 

下記のようになれば成功です。

Node.jsのプロジェクトにmysqlをインストール

成功すると、下記のように「package.json」にmysqlが追加されます。

Node.jsのプロジェクトにmysqlをインストール

MySQLに接続する

Node.jsのプロジェクトにMySQLをインストールできたら、実際にMySQLに接続してみます。

まず、MySQLを使うためにrequireを使って、先程インストールしたmysqlを呼び出します。

次に、createConnectionの中に、接続したいデータベースの情報をオブジェクト型で記載していきます。

// MySQLを使うためのインストールしたmysqlを呼び出す
const mysql = require('mysql');

//定数connectionに、createConnectionを使って接続するデータベースの情報を格納します。
const connection = mysql.createConnection({
  //オブジェクト型で接続するデータベースを記述していく
});

 

今回は、あらかじめローカル環境にインストールしてあるMySQLに接続します。
ローカル環境でのMySQLの環境整備方法は下記を参考にしてください。

実際に接続するための記述例です。

【app.js】

// MySQLを使うためのインストールしたmysqlを呼び出す
const mysql = require('mysql');

//定数connectionに、createConnectionを使って接続するデータベースの情報を格納します。
const connection = mysql.createConnection({
  host: 'localhost',
  user: 'root2',
  password: '▲▲▲▲▲▲▲▲', //実際にはパスワードが設定されています。
  port : 3305,
  database: 'testdatabase'
});
本例におけるデータベースの基本情報は下記のとおりです。
※ご自身の利用される環境によって異なります。

  1. ホスト :localhost
  2. ユーザー : root2  ※自身で設定
  3. パスワード : ※自身で設定
  4. ポート : 3305     ※自身で設定
  5. データベース名 : testdatabase  ※自身で設定
  6. テーブル名 : users  ※自身で設定
  7. テーブルの中身 : ①id ②nameの情報を持っている   ※自身で設定
データベースの基本情報

上記の記述でMySQLに接続がされているはずです。
実際に、接続がされているかについては、データベースから値を取得することで確認ができます。

値の取得方法については、下記記事を参考にしてください。

【画像で解説】Node.jsでデータベース(MySQL)から値を取得する方法この記事では、Node.jsでデータベース(MySQL)から値を取得する方法を初心者向けにわかりやすく解説します。 なお、Node...