Node.js

【画像で解説】Node.jsの環境設定を初心者にもやさしく説明

この記事では、Node.jsをローカル環境で使えるようにする方法について、画像を使ってわかりやすく解説しています。

Node.jsがローカル環境にインストールされているか確認

まず、Node.jsの環境設定をする前に、PCにNode.jsがインストールされているかコマンドプロンプトで下記コードを実行して確認。

node -v

 

下記のようにバージョンが表示されれば、Node.jsがインストールされている状況ですので以下の作業は不要です。

 

Node.jsがインストールされているか確認

それ以外の表示の場合には、Node.jsがインストールされていませんので、以降の作業をしてインストールしていきます。

 

Node.jsをローカル環境にインストール

まず、下記公式HPからインストーラーをダウンロードします。

ダウンロード | Node.js (nodejs.org)

ダウンロードするのは、推奨版です。
下記画像で赤く囲われているWindowsの方は、Windows版を、masの方は、mas版のインインストーラーをダウンロードしてください。

Node.jsをローカル環境にインストール

インストラーをダウンロードしたら、ファイルをクリックして実行します。

Node.jsをローカル環境にインストール

下記のような画像ができるので、指示に従って「Next」を押して進める。

Node.jsをローカル環境にインストール

途中で設定を変更できる箇所がありますが、基本的に変更する必要はないので、「NEXT」を押して進めていきます。

ただし、 以下に示す項目のみ設定を変更します。
赤枠で囲っているチェックボックスを選択してください。

Node.jsをローカル環境にインストール

ここまでいけば完了です。

Node.jsをローカル環境にインストール

完了すると、以下のような画面が表示されるので、一番下の行に記載のとおり、「何かキー」をおします。

Node.jsをローカル環境にインストール

最後に、このような青い画面で「Type Enter to exit」と出れば完了です。

Enterキーを押したあと、パソコンを再起動してください。

Node.jsをローカル環境にインストール

Node.jsがローカル環境にインストールされているか確認【再確認】

ここまで出来たら、Node.jsがインストールされているか確認するため、コマンドプロンプトで下記コードを実行します。

node -v

下記のようにバージョンが表示されれば、成功です。

Node.jsがインストールされているか確認

ついでに、下記コードも実行します。

npm -v

下記のようにバージョンが表示されます。

Node.jsがインストールされているか確認

この「npm」は、Node.jsのパッケージを管理するシステムで、この「npm」を使って、Node.jsのプロジェクトやフレームワークをダウンロードします。

Node.jsで、新規のプロジェクトを作成する方法は下記を参考にしてください。

【画像で解説】Node.jsの新規プロジェクトを作成する方法この記事では、Node.jsの新規プロジェクトを開始するための手順をわかりやすく解説します。 なお、Node.jsのプロジェクトを...