IT知識

SSL化ってなぜ必要?初心者向けに簡単に解説

ホームページを運営する際に、最低限やっておきたいセキュリティの1つがSSL化です。
最近では、SSL化をするのは当たり前になっているので、多くのホームページでSSL化されております。

ただ、正直なところSSL化ってなぜ必要なのかよくわかない!っという人が多いと思います。

この記事では、そうした人向けにSSLがなぜ必要なのか?SSL化されているHPの見分け方について解説します。

簡単にSSL化について解説

それでは、早速解説していきます。
まず、総務省のホームページでは、このように書かれています。

SSL(Secure Socket Layer)とは、インターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組みのひとつです。クレジットカード番号や、一般に秘匿すべきとされる個人に関する情報を取り扱うWebサイトで、これらの情報が盗み取られるのを防止するため、広く利用されています。また、SSLは暗号化に加え、電子証明書により通信相手の本人性を証明し、なりすましを防止するなど、今日のインターネットの安心・安全を支えています。
(参照 総務省HP)

よくわからないと思いますが、非常に簡単にいってしまうと下記のとおりです。

  1. SSL化されてないと個人情報を盗まれやすい
  2. ホームページ管理者の身元証明になる

以前は、個人情報を盗まれないというところに重きを置かれていて、SSL化するのに料金もそれなりにするものだったので、問い合わせフォームなど個人情報を扱うところのみSSL化するといったことも行われていました。

しかし、Googleがセキュリティ上の観点に加え、ホームページの信頼性という観点からもSSL化を重視するようになったことで、SEOの観点からも重要な対策となりました。

また、今ではほとんどのレンタルサーバーで無料でSSL化が行えるようになったことで、多くのHPですべてのページをSSL化することが常識となっております。

したがって、たとえ個人情報を扱わないホームページといえどSEOの観点からSSL化は必須だといえます。

SSL化されているかの見分け方

それでは、ホームページがSSL化されているかどのように見分ければいいのか。

実はそれはめっちゃ簡単で、下記のように見分けることができます。

「https」 = SSL化されている
「http」 = SSL化されていない

また、別の方法として、

下記の画像のように鍵マークがついていればSSL化されているHPです。

逆に下記画像のように「保護されていない通信」などとなっている場合はSSL化されていない状態です。

SSL化されていないHPで個人情報を送信すると、個人情報を盗まれる可能性があるため、SSL化されていないHPでの個人情報の入力などは十分注意しましょう。